赤外線調査について

HOME» 赤外線調査について »なぜ赤外線調査が必要なのか

赤外線調査について

なぜ赤外線調査が必要なのか




なぜ、赤外線調査が必要なのか?

平成18年6月の東京都内の公共賃貸住宅のエレベーターにおける死亡事故、平成19年4月の東京都内の複合ビルのエレベーターにおける発煙事故、同年5月の大阪府内の遊園地のコースターにおける死亡事故、同年6月の東京都内の雑居ビルにおける広告板落下事故等、建築物や昇降機などに関する事故が相次ぎ発生しました。これらの建築物や昇降機などの事故を起こさないためにも、建物外壁診断や特殊建築物調査が必要になります。


こんな人等が対象です。

  1. 定期報告が必要な方
  2. 大規模修繕を検討中の方
  3. 歩道に面したビルをお持ちの方
  4. 外壁の劣化具合を調べたい方

■赤外線調査のしくみ

1.浮き部と健全部の温度差発生のメカニズム

 

2.外壁診断における赤外線装置法の活用と適用限界

 

3、赤外線画像解析・診断の方法

 

モルタル面の場合

 

タイル面の場合